しみず手帳・ブックデザイナーの日々

フリーランス ブックデザイナー 清水佳子の日記。 デザインした作品、2匹のネコ、ベランダで育てている植物も紹介していきます。神奈川県川崎市在住。

都道府県別 日本の伝統文化

お仕事のご紹介です。

小学校中学年からの、学習教材のデザインをしました。

都道府県別 日本の伝統文化 全6巻』

R0016846


こちらの本、伝統工芸品・郷土料理・伝統芸能・祭り・民謡・方言などを都道府県別に紹介してあり、取材に基づく解説に迫力ある写真が満載!
伝統工芸品は経産省が指定する工芸品から厳選し、それぞれの歴史的背景や伝統を守り受け継ぐ人々やそのワザも説明されています。
地域学習をはじめ、日本の伝統文化を学ぶ関連教科や調べ学習にも最適です。

R0016848



R0016850


日本の伝統文化ということで、伝統の重みを「黒」をつかって表現しました。色鮮やかな写真が引き立ちますね。6巻まであるのですが、ワタシはカバーデザインのフォーマットづくりと、カラーディレクションをしました。
本文のほうは、チームで仕事をさせてもらっているタカさんが担当してます。
本文デザインは、楽しげでわかりやすくすんなり読めるので、子供の学習意欲が湧くのではないでしょうか。

主に小学校の図書室などに置かれる本なので、一般の書店ではみつけずらいと思いますが、小学校のお子様がいらっしゃいましたら、是非オススメしたい内容です。


都道府県別 日本の伝統文化 全6巻』
国土社より発売中

短期で攻める センター英語 新刊

シリーズでデザインしている学習参考書のご紹介です。

センター英語 リスニング問題別攻略 100問

R0016127

センター試験英語のリスニングテストの最新傾向を踏まえ、短期間で集中リスニングトレーニングするための参考書をデザインしました。
人気の『短期で攻めるシリーズ』の最新刊です! 問題タイプ別に徹底トレーニング75問。実戦模擬テスト1回分25問。試験に強くなるCDが3枚ついています。

こちらのシリーズは、フレッシュなビタミンカラーで展開し、色の持つ力で受験生を応援しようというコンセプトでデザインしています。

R0014512




センター英語といえば、既刊で『センター英語 ファイナル総チェック768』もあります。

R0011228

こちらは試験直前対策の本。
最後にこの本で総チェックしたならば、自信をもって試験に臨めるはずです。


センター試験まであと1カ月ちょっと。
受験生の皆さん、体調に気を付けて、がんばってくださいね!

基礎からわかる 会社で使う英語

お仕事のご紹介です。
社会人のための、英語の本をデザインしました。


R0014560


基礎からわかる会社で使う英語 改訂版―英会話+英文メールの決まり文句120

こちらの本の初版は2002年。10刷りまで刷を重ね、今回改訂するにあたり、デザインを担当させて頂きました。
大変評判のよい本で、英会話、英文メールの決まり文句が120例載ってる上、アメリカ人の音声が収録されたCDつき。この改訂で、グローバルになったビジネスの現場に対応するために、中国人とインド人の英語音声もダウンロードして聞けるようになりました。
改訂前は語学書的な顔だったのですが、今回はクライアントの要望でビジネス書的なルックスにデザインしました。


カバーイラストは、石川ともこさん。白人・黄色人種・インド人ビジネスマンの会話のシーンを描いていただきました。難しい印象にならず、気軽に手に取ってもらえるような雰囲気作りに、彼女の絵がとても効果を発揮していると思います!



カバーをとったところ。
表紙は欧文タイトルのみでシンプル。これなら人目を気にせず読むことができますね。

R0014562


ダウンロードした英語音声のスクリプト・文例が掲載されている別冊つき。

R0014563




R0014565


現在、英語が公用語である企業も多く、今後はさらに増えていくといわれています。ノン・ネイティブの英語発音にも対応したこの『基礎からわかる会社で使う英語 改訂版―英会話+英文メールの決まり文句120』を、どうぞあなたのビジネスの現場でご活用くださいね。


基礎からわかる会社で使う英語 改訂版―英会話+英文メールの決まり文句120

ピアソン桐原から好評発売中

大学入試英語問題集のフォーマットデザイン

お仕事の紹介です。
大学入試用英語問題集『Next Stage 英文法・語法問題  3rd edition』のフォーマットのデザインを担当させていただきました。


R0014278_2

普段はカバー周りのデザインが主なので、フォーマットのみ担当するのは実は珍しいことなんですよ。

本のタイトルにインスピレーションを受け、次のステージに上がっていくための階段のイメージでデザインしています。

R0014281

タイトルや見出しにも階段をあしらってあります。

R0014283


この本は赤のシートで重要部分を隠しながら学習できるようになっています。
以前のタイプは、シートをかけると赤であしらったデザイン要素も消えわかりずらい部分もありましたが、今回は消したくない部分には赤に黒を混ぜ、シートをかぶせても見える工夫をしてあります。
色的にも、黒を混ぜた赤はおちつきがあり、問題に集中できるのではないでしょうか。

R0014284



R0014285


この本、1999年に発売されてから今までの累計なんと310万部突破! 英文法・語法問題の学習参考書で大変人気のある1冊です。
大学受験で大事な時期の今! 収録問題の2割を新しい問題に差し替え、さらにパワーアップし使いやすくなった『Next Stage 英文法・語法問題  3rd edition』で合格を勝ち取ってくださいね!


Next Stage 英文法・語法問題  3rd edition
ピアソン桐原から本日発売!

大学入試 最難関大への英文法[正誤問題編]

Seibunpo_2

大学入試のための学習参考書をデザインしました。

大学入試 最難関大への英文法[正誤問題編]

ワタシへのデザインの依頼でよくあるのは、「楽しい雰囲気で、分かりやすく見えるように」というものですが、今回のテーマは“最難関大を目指す人のための学習参考書”。
・・・となると、求められるものは「知的な雰囲気」「効きそうな感じ」「信頼感」という印象でしょう。かといって、堅すぎるデザインをしてしまうと、書店の売り場で手にとってもらえません。そこのバランスが一番むずかしかったです。
アイキャッチとして入れた表1のセンターにある建物のマークは、東大の安田講堂をモチーフにしています。


デザインするにあたって、版元の桐原書店さんからのリクエストは「紺色を使って欲しい」というものでした。今回は微妙な横縞を入れることにより紺のよさを生かしつつ、さらに知性的な雰囲気を強調いたしました。


正誤問題には、ほかの文法問題にはない独特の特徴があり、それを意識した対策をしなければなかなか解けるようにはならないと聞きます。本書は2冊目の文法問題集として、正誤問題のポイントをわかりやすく整理し、難関・最難関大レベルの問題に太刀打ちできるまでの力を養成するものです。

大学入試まであとすこし!
直前の総仕上げにいかがでしょうか。

大学入試 最難関大への英文法[正誤問題編]
桐原書店より 絶賛発売中

このカテゴリーに該当する記事はありません。