しみず手帳・ブックデザイナーの日々

フリーランス ブックデザイナー 清水佳子の日記。 デザインした作品、2匹のネコ、ベランダで育てている植物も紹介していきます。神奈川県川崎市在住。

ここのろ風景2014

R0016844_2



毎年、年末年始恒例の仕事が上がってきました。
日本の風景写真コンテスト入賞写真集『こころの風景 2014』です。

総数10368点にも及ぶ応募作品の中から入賞した200景を1冊の本にまとめてあります。
今号のグランプリは、台風一過の夕方の湘南の浜を歩くカップルが印象的な作品。夕陽でオレンジにそまる富士山が何とも雄大で迫力があります。
              
この写真集をデザインしながら毎年思う事は、日本のアマチュアカメラマンのレベルの高さ。

選者である田沼武能先生、三好和義先生の解説や、撮影地のガイドも兼ねているこの写真集、書店で見かけましたら、是非お手にとってご覧ください。大切に守っていきたい、日本の美しい姿がたくさん掲載されています。

こころの風景 2014
中央公論社より発売中

こころの風景2013

Kokoro2013_2


毎年、年末年始恒例の仕事が上がってきました。
読売新聞社主催の風景写真コンテストの写真集『こころの風景 2013』です。

総数10063点にも及ぶ応募作品の中から入賞した200景を1冊の本にまとめてあります。
今号のグランプリは、河口湖の朝霧に浮か霊峰富士山。桜に縁取られたアングルから浮かび上がる白い山頂は、美しくも幻想的で素晴らしい作品でした。

この写真集をデザインしながら毎年思う事は、日本のアマチュアカメラマンのレベルの高さ。

選者である田沼武能先生、三好和義先生の解説や、撮影地のガイドも兼ねているこの写真集、書店で見かけましたら、是非お手にとってご覧ください。大切に守っていきたい、日本の美しい姿がたくさん掲載されています。

こころの風景 2013
中央公論社より発売中

こころの風景2012

Kokoro2012_2

毎年、年末年始恒例の仕事が上がってきました。
読売新聞社主催の風景写真コンテストの写真集『こころの風景 2012』です。


総数9399点にも及ぶ応募作品の中から入賞した200景を1冊の本にまとめてあります。
今号のグランプリは、奇跡の一本松を写した、表紙になった作品です。
東日本大震災に見舞われた2011年。日常のあたりまえの風景が、いかにいとおしく、かけがえのないものか改めて気づかされ、今の日本の景色を記録に残すこのような写真集の大切さを、今まで以上に強く感じた年でした。

今回は『復興への道のり部門』があらたに設けられています。
震災から立ち上がる人々の強さと、人の心のあたたかさを感じる素晴らしい写真が掲載されています。

R0014889

選者である田沼武能先生、三好和義先生の解説や、撮影地のガイドも兼ねているこの写真集、書店で見かけましたら、是非お手にとってご覧ください。大切に守っていきたい、日本の美しい姿がたくさん掲載されています。

こころの風景 2012
中央公論社より発売中

こころの風景 2011

2011

毎年、年末年始恒例の仕事が上がってきました。
読売新聞社主催の風景写真コンテストの写真集『こころの風景 2011』です。

総数1万2020点にも及ぶ作品の中から入賞した200景を1冊の本にまとめてあります。
こちらの本、作品も大変クオリティーが高く見応えがあるのですが、使用カメラや絞りなどの撮影データ・撮影日・撮影地も地図入りで紹介もしてあります。撮影旅行にいくヒントにもなるはずです!

今回も信頼おけるデザイナー仲間 タカさんと組んで制作しています。タカさん、いつもありがとうございます!

この本が手元に届くと「春が来た!」と感じます。^^

こころの風景 2010

Yomiuri

毎年、年末年始恒例の仕事が上がってきました。
読売新聞社主催の風景写真コンテストの写真集『こころの風景 2010』です。
総数1万2350点にも及ぶ作品の中から入賞した200景を1冊の本にまとめてあります。
このようなページ物の本の場合、しみず一人でデザインするには限界があるため、信頼おけるデザイナー仲間 タカさんと組んで制作しています。タカさん、いつもありがとうございます!

こちらの本、作品も大変クオリティーが高く見応えがあるのですが、使用カメラや絞りなどの撮影データ・撮影日・撮影地も地図入りで紹介もしてあります。撮影旅行にいくヒントにもなると思います。

本屋で見かけましたら是非ページをめくってみてくださいね。
日本のすばらしき風景に心がふるえるはずです。

このカテゴリーに該当する記事はありません。