しみず手帳・ブックデザイナーの日々

フリーランス ブックデザイナー 清水佳子の日記。 デザインした作品、2匹のネコ、ベランダで育てている植物も紹介していきます。神奈川県川崎市在住。

異文化コミュニケーションの思い出

仕事が混んでるときって、なぜか「やりたいこと」が次々浮かぶものですよね。ここ数ヶ月の筆頭は、「英会話」。その気になればやれることなんでしょうが、まだ行動にうつせておりません。。。


・・・で、英会話で思い出した事がひとつ。
今から約7年前、外国人の教師から英会話の個人レッスンを、数ヶ月間受けたことがあります。講師は20代のオーストラリア人の女の子でした。歳も近かったこともあり、結構うちとけてプライベートの話などするようになった頃、ワタシの誕生日に一緒にお食事に行こうということになりました。
約束の日、にこにこしながら待ち合わせ場所に現れた彼女の手には花束が。でもね、“菊”の花束だったんです。そう、お仏壇用のお花。。。
「これ、プレゼント!」と屈託のない笑顔の彼女。
もちろん「どうもありがとう!(汗)」と受け取りました。

その頃のワタシの英語力では「これは生きた人にプレゼントするお花じゃないのよ」と彼女の気持ちを傷つけることなく伝えるのは無理に思え。。。でも日本の文化を教えて同じ間違えをしないように注意してあげるのが本当の親切かなとか思考がぐるぐる回りました。“気持ち”は嬉しかったんですけどね。

その後、レストランに“仏様のお花”を持参し、胸に引っかかりを感じながらもその件に触れることはできず、それでも楽しくお食事して解散しました。


英会話ってできた方が絶対いいですよね。

このまま寝せとくべきか!?

時間に正確なネコ・タラちゃんが、もうすぐ16時半のごはんの時間になろうとしてるのに寝ています。

R0012689


このままそっとしておくべきか?
う〜ん。。。


R0012690

にゃんですと??



今、2冊同時進行で、かわいい本を制作中。
長時間無言でMacの前にいると、ネコもずっと寝ています。

だれか呼んだかにゃ?


いつもの場所で、ぽっちお休み中。。。


R0011146_4


R0011147_3


R0011148_3


耐震用突っ張り棒のあしもとに、ぽっちの毛がたまってますね。。。

GoodReaderパーフェクトブック

iPhone用のアプリ『GoodReader』の本のデザインをしました。

App Storeの「トップ25」の中で常に上位にチャートインしている、フォルダに目玉のマークのアイコンのアプリです。
とても便利で評価の高いアプリなのですが、メニューなどが日本語化されてないため、せっかく購入しても使い方がわからないという声も多いと聞きます。そんな方々のための解説書ですよ。

GoodReaderパーフェクトブック

R0012683



日本初のGoodReaderの解説書ということで、正統派な王道デザインにしました。たとえアプリ名がわからなくてもこの“目玉フォルダ”のマークが本を探す目印になると思います。


R0012684

デザインはシンプルですがちょっと面白く見えるのは、緑のメタリックインクから4Cの緑へのグラデーション印刷、そしてマットPP加工の組み合せだからと思います。メタリック系のインクを使った場合、通常PP加工はグロスを選びますが、
あえてマットPPにすると“つや消し金属”のような不思議な質感になるのですよ。あまりコストをかけずにできる、面白い効果の加工です。


R0012685

GoodReaderの使い方の例です。こんなことができたら仕事面でどんなに便利になることか。



GoodReaderの解説書がほしい方、メタリックインクから4CへのグラデにマットPP加工した実物が見たい方、是非本屋さんでお手にとってご覧くださいませ。

GoodReaderパーフェクトブック
9月3日発売
ソフトバンククリエイティブ

野田聖子さんの妊娠

野田聖子さんが49歳で妊娠したという事、そしてどれほどツライ不妊治療を続けられていたかをニュース知り、3年前にデザインした本を思い出しました。

W_shimizu4

いつまで産める? わたしの赤ちゃん―いま、不妊治療・生殖医療ができること 自然妊娠から卵子提供、代理出産まで

2007年夏に出版された書籍で内容はかなり専門的、不妊で悩んでいる人に「年齢別の最適な不妊治療の進め方」「不妊治療の選択肢」「具体的な方法(海外での治療も含む)」をオブラートに包まず、正しく教えてくれます。現在は中古品でのみお求めいただけます。著者の川田ゆかりさんは、米国サンフランシスコにて卵子提供および代理出産プログラムのコーディネートを行なってる方です。

川田さんが社長をされているIFC(IntroMed, Inc. International Fertility Center/インターナショナル・ファーティリティー・センター  イントロメッド)のサイトはこちらです→『IFC』。
不妊治療を長年されて悩んでいる方は、是非サイトをご覧になってみてください。


ちなみにこの本の装丁は、妊娠・出産の棚によくある「かわいいデザイン」とは真逆の堅めのデザインにしました。かなり専門的なことまで網羅するこの本の内容を表現したかったのです。赤ちゃんの写真が印刷されたオビを外すと、さらにシンプルで誠実な専門書のような印象になります。
ちなみに本文の中には癒し系なイラストが使われています。ある意味厳しい真実まで書かれた本文に、ちょっとしたオアシスになればと宮澤ナツさんに描いていただきました。

晴天の霹靂!?な曲名

ワタシク、できるだけハッピーなものを身の回りにおいておきたい主義。

口から発する言葉も、聴く音楽もできるだけポジティブなモノを!!・・・と思っていたのですが、今日はショッキングな事が発覚!!

心休まる癒しのメロディーと気に入ってた曲。なんとそのタイトルが“悲愴”ですって!! がーん。。。こんなメジャーなクラシックの曲名を今まで知らなかった事そのものも間抜けなのですが。

なんとか提出・・・

所属している日本図書設計家協会が10月に行う企画展用の作品を、締め切り日の今日やっとの思いで入稿しました。

こういう自由度の高い「作品制作」ってワタシにとっては鬼門。。。

たとえばお仕事だと、クライアントの要望を“しみずフィルター”を通してデザインするということ。自由じゃないけど取っかかりがあるので、それを手がかりに登頂できる。ここをこうしたら、ここはこうすべきという部分をクリアーしていく課程は、ちょっと方程式っぽいような。。。

作品制作だと何を手がかりにすればいい? 
観客ウケ? 自分の直感? きっと答えは様々ですが、共通なのは「自分と向き合う」ということですかね。制作にかける時間や完成度を含め、すべての事を自分で決めるしかないのですよ。くっくっ苦しい〜。。。

作品制作をするたびに、ワタシは芸術家にはなれないなぁと深く感じ入ります。。。

※企画展のことは、また改めてこのブログで紹介しますね!

加圧トレーニングに行ってきました

午前中に加圧トレーニングに行ってきました。

去年の1月からほぼ週1で通い続け、現在1年8ヶ月続けています。

今までは、加圧の外的効果のことを書いてきましたが、今日は精神的効果のことを。

トレーニングはとてもキツイので「今日は行きたくないなぁ」と思うことも実は多いです。
でも、なんとか通っているのは、トレーニング後に明らかな心的変化を感じるから。

すごくポジティブになるのですよ。

血液の巡りがよくなって体調も整い、元気がフツフツとわいてくる感じ。鏡を見ても血色がよく、細胞が活発に活動している風貌の自分がいる。プラス思考になり、「なんでもできる!」ような気持ちになるんです。

そして、トレーニングの直後の吸収がよくなる時間帯にコラーゲンドリンクなどをグイッと飲めば、約2時間後には明らかに肌つやだってよくなります。

これだからやめられないんですよ♥

約45分のトレーニングで1週間分の運動をまかなえるところもいいですね。

ツイッターを始めてみました。

「とても楽しい!」という人、

「便利よ〜!」という人、

「自営業ならしなきゃね!」という人。

いろいろな人から勧められ

とうとうツイッター始めてみました。

まだ全然仕組みがわからないし、どれだけつぶやけるかも??

こんなワタシでよかったらフォローしてくださいませ。

@yoshikosmz

多摩川花火大会

R0012674

昨晩は多摩川花火大会。毎年楽しみな夏の風物詩!
世田谷側、川崎側と同時開催で、各6000発の花火が上がります。
うちから歩いて10分程度で着く、川崎側の宇奈根の辺りで、敷物をひろげて寝ころんで見学しましたよ。
メイン会場からちょっと離れたこのあたりも人は多いけど、まだまだゆったりしてます。

左側の大きなモノは世田谷側から、右の小さく見えるのは川崎側から上がった花火。


R0012682

この花火大会が終わるといよいよ夏も終わりの合図。。。
夜風が涼しくて、秋がそこまで来てる気配を感じましたよ。

該当の記事は見つかりませんでした。