しみず手帳・ブックデザイナーの日々

フリーランス ブックデザイナー 清水佳子の日記。 デザインした作品、2匹のネコ、ベランダで育てている植物も紹介していきます。神奈川県川崎市在住。

マダム船田のエレガントな手紙の書き方

お仕事のご紹介です。

エレガントで心のこもった手紙術の本をデザインしました。

マダム船田のエレガントな手紙の書き方


昨今はPCメールが主流になっておりますが、反対に人のぬくもりや心が感じられる手紙の価値が高まっています。ただ、昔からある文例集のアレンジでは、真心は伝わりませんよね。
本書は、プロトコール・マナー協会の会長であり、マナー講師として個人から世界中の企業や教育業界で指導・研修を行い、年間500通もの手紙を綴る船田三和子さんの「真心を伝える」ことに主軸を置いた新時代の手紙の書き方指南書です。


カバーの写真は撮り下ろし。
船田さんの自宅サロンでのお手紙をしたためる環境を表現しました。

R0016527





カバーをとったところ。ちょっと古風でやさしい柄を敷きつめました。タイトルは背のみなので、人目を気にせずさりげなく本をよむことができます。

R0016532



見返しはタント。色はテーマカラーのやさしい紫で。

R0016546



本文の最初の部分はカラーになっており、船田さんが実際お使いになっているレターセットや、すてきなグッズを紹介しています。

R0016539


お手紙の書き方は、実際に船田さんがお書きになった手紙を見ながら学ぶことができます。
既存の文例集では「例文」のみ記載されてる本が大半ですが、本書は「便箋の質感」や「ペンの筆跡」もご覧いただけるように写真にしました。これにより手紙の佇まいや、便箋の質感の大切さも感じていただけるのではないでしょうか。

R0016544


もちろん、今の時流に則った「時候の挨拶」「締めの言葉」も掲載してあります。

R0016543



こんな時代だからこそ、人の手で書かれた手紙のぬくもりが際立つんだと思います。
私自身もこの本をデザインして改めて「手紙の素晴らしさ」「楽しさ」を実感し、おしゃれな文具店でワクワクしながら美しい便箋やステキな一筆箋を購入しました。


堅苦しくないのに、礼儀もわきまえ、心のこもった「書く方」も「もらう方」もうれしい手紙。そんな手紙の世界を教えてくれる本です。




〈使用紙〉
カバー:ヴァンヌーボ(VGスノーホワイト)+ニス

本文:4c=b7トラネクスト
   1c=ペガサスバルギーショール





マダム船田のエレガントな手紙の書き方
メディアファクトリーより、好評発売中

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://smzdesign.blog.fc2.com/tb.php/2395-1a5fe9c1
該当の記事は見つかりませんでした。