しみず手帳・ブックデザイナーの日々

フリーランス ブックデザイナー 清水佳子の日記。 デザインした作品、2匹のネコ、ベランダで育てている植物も紹介していきます。神奈川県川崎市在住。

エディトリアルデザイン 3種

今、出版業界では、夏休み用の書籍制作で忙しい時期。

7月はじめ〜中頃までに書店に並ぶ本のデザインでバタバタしております。

一言で書籍のデザインといっても、大まかには3種ぐらいに別れると思います。



・読み物系(いわゆる文章が主な書籍)

・雑誌系(文章と写真が入り交じった、版面が大きなもの)

・カタログ系(主に商品写真をレイアウトするもの)




実は今、上記のものを全部同時進行しています。

これらのデザインは、それぞれで頭のつかうところが全部ちがうのですよ。

書籍は法則にのっとってデザインするので正確さが求められるし、

雑誌系は、ページのもつ空気感の表現が大切。

カタログに至っては、形を把握してをならべる「リズム感」が必要なんです。



上記をしっかり考えてデザインしているからこそ、普通に読みやすい誌面になっている訳です。

へんな違和感で気が散らず、その世界に没頭できるデザイン、

そういうのを目指して、ブックデザイナーは日々レイアウトをしています。

関連記事

該当の記事は見つかりませんでした。