しみず手帳・ブックデザイナーの日々

フリーランス ブックデザイナー 清水佳子の日記。 デザインした作品、2匹のネコ、ベランダで育てている植物も紹介していきます。神奈川県川崎市在住。

色校まつり

先週、山のように入稿したモノ達の、色校が出てきております。

印刷物は、紙や加工によって色がちがってくるのですが、

一番よく見るのはPP加工でしょうか。

PP加工とは、ポリプロピレン加工のことで、ラミネート加工の一種、

熱可塑性のポリプロピレンフィルムを、印刷面に熱シリンダーで熱圧着させる加工です。

光沢性や強靭性も優ていて、表紙保護、インクのはがれからの保護、

長期保存にも耐えうる加工なんですが、コレを貼ると色が変わるんですよ。





今回の制作物の中にも、PP加工を指示しているものがあります。

ただ、色校正でこの加工がされて出校されるのは、毎回ではないわけで。。。

加工されてない状態の色校で、加工後の色のシュミレーションをするときは、

セロテープを貼ってみる!という技をつかいます^^

moill.jpg

上がセロテープを貼ってある所。

グレーが濃くなって、赤味が7〜8%ぐらい増してますよね。

入稿データを作るとき、それを加味して色の調整をすると、

狙った色を出しやすいですよ。






関連記事

該当の記事は見つかりませんでした。