しみず手帳・ブックデザイナーの日々

フリーランス ブックデザイナー 清水佳子の日記。 デザインした作品、2匹のネコ、ベランダで育てている植物も紹介していきます。神奈川県川崎市在住。

ランチタイムが楽しみなフランス人たち

こんにちは!

神奈川県川崎市でフリーランス ブックデザイナーをしている清水佳子(しみずよしこ)です。

著者さんのメッセージをたくさんの人に届けるためには、本が「売れる」事は正義。

「売れる」にこだわったデザインで日々奮闘しています。

----------------------------------------------------------------------

デザインした本のご紹介です。

フランス人にとって一日のうちでいちばん大切な時間であるランチタイム。
そんなランチタイムのルールやしきたり、
フランス人の好みやこだわりを紹介した本をデザインしました。

ランチタイムが楽しみなフランス人たち

lunchtime1.jpg

著者は、パリと東京に拠点を置くワイン&フードライター・吉田恵理子さんです。


オビをとったところ。
こちらの本、カバーの写真も含めて吉田さんの撮り下ろしです。(カバー用紙はヴァンヌーボーV)

lunchtime2.jpg

カバーをとったところ。
私の中のフランスの「食」のイメージはボルドー色。
表紙も含め、本文にもボルドー色を差し色にしています。
表紙用紙は「Mr.Aオフホワイト

lunchtime3.jpg

見返しもボルドー。紙は「NTラシャえんじ」です。

lunchtime4.jpg

本文は写真をたっぷり使いつつ、読みやすいエッセー調の文章でパリのランチ事情が紹介されています。
本文用紙は「ブライトーン」

lunchtime5.jpg

本文デザインは、ちょっと飾って且つ大人っぽく、私なりのパリのエスプリを目指しました。
ちなみに節見出しの欧文文字は、「Parisian」というフォントです。^^

lunchtime6.jpg


lunchtime7.jpg

「ランチワインは当たり前?」「フランスパンは食べ放題?」「フランス人は太らない?」「学校でもコース料理?」 パリのランチ事情は、日本人の私には驚くことばかり!

パンひとつ、バターひとつ、ハムひとつをとっても、好みを主張し人と議論する。
食べることは生きること、そして人生を楽しむこと。そう信じてやまないフランス人のランチタイムの様子が、たくさんの写真と共に紹介されています。
フランス人と彼らのランチタイムの過ごし方を通して、パリの食文化、街の風景をお楽しみいただける本です。

実用的な部分だと、ランチを食べられるお店のカテゴリー分け、注文の仕方などパリのランチのルール、お店でのふるまい方なども書いてあります。


フランスが好きな方、フランス旅行に行く予定のある方、いつか行きたい方、人生を楽しみたい方、
是非この本をお手にお取り下さい。
パリやフランス人が100倍興味深くなりますよ!


ランチタイムが楽しみなフランス人たち』 (私のとっておき)
産業編集センターより、発売中

----------------------------------------------------------------------
 お仕事のご依頼はお気軽に『メール』(←クリック)くださいませ。
 楽しみにお待ちしております!
 シミズデザイン smz' 清水佳子(しみずよしこ)
----------------------------------------------------------------------

関連記事

該当の記事は見つかりませんでした。