しみず手帳・ブックデザイナーの日々

フリーランス ブックデザイナー 清水佳子の日記。 デザインした作品、2匹のネコ、ベランダで育てている植物も紹介していきます。神奈川県川崎市在住。

本の企画にも流行がある!

こんにちは!

フリーランス ブックデザイナーの清水佳子(しみずよしこ)です。

著者さんのメッセージをたくさんの人に届けるためには、本が「売れる」事は正義。

「売れる」にこだわったデザインで日々奮闘しています。

----------------------------------------------------------------------

通常、ブックデザイナーは出版社や編集プロダクションから受け身でお仕事をいただくのが基本。

なので当然、今まであまり関心をもった事がない分野のデザインをすることも多々ありますし、

中には、手掛けてみて「これは面白い!」と感じる分野も出てくるわけです。



7月25日に発売された塗り絵『不思議の森のペンギン達』がまさにそれ!

R0017452h1.jpg


大人の塗り絵が流行っているのは知っていましたが、塗ったことがなく、デザインするのも初めて。

しかしいざ手掛けてみると、イラストのディレクションや「文字をつかわない」デザイン戦略の面白さを実感。

それからというもの、書店にいくと無意識に塗り絵コーナーをチェックし、

「こんな塗り絵があったら、売れるのでは?」と考えるようになりました。



そんな時、あるイラストレーターさんの作品を見て閃いて、いてもたってもいられなくなり、

とうとう昨日、イラストレーターさんのポートフォリオを持って、とある出版社に塗り絵企画の持ち込みをしました。

編集者さんもイラストのタッチを見て、とても興味をもってくださいました。

しかし、、、

「大人の塗り絵はもう増えすぎて、市場が飽和状態になっている。

これから本にしても、沢山の塗り絵の中でうもれてしまう怖れもあるし、

今後、塗り絵自体があきられて売れなくなるかもしれない。

1年前だったら、すぐにでもGOだったんけど。

せっかくいいイラストだから、読者が求める“次”をさがして本にしたほうがいいと思う」


との見解をいただきました。



たしかに本の企画は、その時代の空気とタイミングが大事なんです。

ユーザーさんの関心が変われば、良い本を出しても売れなくて、とても残念な事になってしまう。




企画持ち込みははじめての経験だったのですが、良い経験になりました。

そして、せっかくですので、これからも受け身の本作りだけでなく「これ!」というのが閃いたら

編集者さんに企画を持っていこうと思いました。

本に関わる「楽しみ」が増えた気がして、今、気持ちは高揚しています。^^




↓ブログランキングに参加しました! 是非ポチッとお願いします^^
 にほんブログ村 デザインブログ デザイナーへ

----------------------------------------------------------------------
お仕事のご依頼はお気軽に『メール』(←クリック)くださいませ。
楽しみにお待ちしております!
シミズデザイン smz' 清水佳子(しみずよしこ)

デザインした『ファッションブック』のリンク集
『ディレクションした写真』でデザインした本のリンク集
デザインした『キャラクターの本』のリンク集

その他のデザインは、カテゴリーからご覧ください。
----------------------------------------------------------------------

関連記事

該当の記事は見つかりませんでした。