しみず手帳・ブックデザイナーの日々

フリーランス ブックデザイナー 清水佳子の日記。 デザインした作品、2匹のネコ、ベランダで育てている植物も紹介していきます。神奈川県川崎市在住。

クラフト系の紙に印刷する時の色選び

こんにちは!

フリーランス ブックデザイナーの清水佳子(しみずよしこ)です。

著者さんのメッセージをたくさんの人に届けるためには、本が「売れる」事は正義。

「売れる」にこだわったデザインで日々奮闘しています。

----------------------------------------------------------------------

昨日は、とうとうハワイ本を校了しました!

校了というのは、『校正が完了し,印刷しても差し支えない状態になること。』ですよ。
詳しくはこちらのサイトをごらんくださいね。

今月末の11月29日発売です!

どうぞよろしくお願いいたします! m(__)m



さて、今日は『表紙』のお話しですよ。

私、ハワイ本は今回のものを含めて3冊でデザインしているのですが、

表紙用紙は、どれも『GAクラフトボードFS アース』を使っております。




GAクラフトボードFS アースは、クラフト紙のような質感を持った厚紙で、

紙自体にクラフトのような色がついています。

クラフト系の場合、多いのは白のオペークインク(不透明インク)や、焦げ茶や黒での印刷。

むろん、それも美しいのですが、私は紙の地色とのインクの融合を楽しみたいタイプなんです。




・・・で、今回の本は、水色で刷ってみましたよ。(DIC-67)



水色は、下の紙色に影響されてクジャク色っぽくなりました。

色選びは、イラストレーターというソフトでクラフト紙の色をつくり、

その上に特色を「乗算」で重ねて、シュミレーションして決めています。

黄土色(クラフトの色)と水色の混色になるわけですね。



上記のシュミレーションは、同業者は普通にやってる事と思うのですが、

私のブログの読者さんは、デザイナー以外の方が多いので書いてみました。




ちなみに、焦げ茶で刷ると、あまり紙色に影響されずに発色します。




薄い水色で刷ると、深緑になりますよ。








↓ブログランキングに参加しました! 是非ポチッとお願いします^^
 にほんブログ村 デザインブログ デザイナーへ

----------------------------------------------------------------------
お仕事のご依頼はお気軽に『メール』(←クリック)くださいませ。
楽しみにお待ちしております!
シミズデザイン smz' 清水佳子(しみずよしこ)

デザインした『ファッションブック』のリンク集
『ディレクションした写真』でデザインした本のリンク集
デザインした『キャラクターの本』のリンク集

その他のデザインは、カテゴリーからご覧ください。
----------------------------------------------------------------------

関連記事

該当の記事は見つかりませんでした。